MENU

診療科・部門のご紹介

腎臓内科・人工透析科

スタッフ紹介

腎臓内科・人工透析科/増田 貴博医師

氏名

増田 貴博(ますだ たかひろ)

役職

腎臓内科部長

出身大学・
卒業年

山形大学・2000年

専門分野

腎疾患全般(特に糖尿病合併の腎臓病) 透析

資格

医学博士
日本内科学会総合内科専門医・内科指導医、日本腎臓学会腎臓専門医・腎臓指導医、日本透析医学会透析専門医・透析指導医、難病指定医、日本高血圧学会会員、国際腎臓学会会員、米国腎臓学会会員、米国生理学会会員、身体障害者福祉法指定医(腎臓機能障害)

患者さんへ メッセージ

皆様のお力になれるよう頑張ります。

腎臓内科・人工透析科/三澤 響平医師

氏名

三澤 響平(みさわ きょうへい)

役職

腎臓内科医員

出身大学・
卒業年

北里大学・2019年

専門分野

腎疾患全般

資格

日本内科学会会員、日本腎臓学会会員、日本透析医学会会員

患者さんへ メッセージ

脚のむくみやおしっこが出なくなった時、たんぱく尿を指摘された時は受診してください。小山で働くのは初めてなので、小山の良いところを教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

外来スケジュール

科名
腎臓内科 7/4 岡
7/11 休診
7/18~増田
7/5 岡
7/12~(予約のみ)三澤
7/6、7/13 増田
7/20~ 岡
増田
7/4 岡
7/11~三澤
増田

(表内水色部分)は、午後の部になります。

午前

の部

<受付時間> 初診/8:30~11:00 

再診/8:00~16:00

<診療時間> 8:45~12:30

午後

の部

一部診療科を除き

予約診療となります。

科の紹介

透析を含めた慢性腎臓病および急性腎障害の診療が中心です。糖尿病性腎症や腎硬化症といった、糖尿病や高血圧症を背景に持つ患者さんの他、血尿、蛋白尿、ネフローゼ症候群のため受診される患者さんもおり、必要に応じて腎生検を施行しております。透析診療については、血液透析導入をはじめ、経皮的血管形成術(PTA)、長期留置カテーテル留置術、腹膜透析診療を行っております。他に、血漿交換療法や血球成分除去療法も行うことがあります。

基本方針

本邦では、慢性腎臓病の患者様が1330万人に及ぶと報告されており、多くの方々が程度の差こそあれ、慢性腎臓病を有していることになります。また、昨今の高齢化に伴い、慢性腎臓病以外の病気を合併している患者さんも多いです。そのため、総合病院であるという利点を生かし、他科の医師と十分に連携し、診療に臨んでおります。また、小山市および周辺地域で開業されている先生方と連携し、患者さんを御紹介して頂くとともに、積極的に逆紹介もさせて頂いております。

診療実績

  平成31年度 令和2年度 令和3年度
腎生検件数 31件 29件 32件
血液透析新規導入患者数 42人 50人 68人
血液透析外来患者数 37人 38人 48人
腹膜透析入院患者数 0人 0人 0人
腹膜透析外来患者数 2人 2人 1人
透析シャントPTA件数 49件 29件 20件
透析シャント手術件数 54件 64件 76件
長期カテーテル留置術件数 17件 54件 15件
扁摘パルス療法
(扁桃摘出術+ステロイドパルス療法)
5件 11件 10件

(2019年4月から2022年3月にかけての診療実績)

人工透析件数推移