MENU

ご来院のみなさまへ

受診までの流れ

新型コロナウイルス感染症感染予防に伴う対応について

新型コロナウイルス感染症感染予防に伴い、下記の対応を行っております。皆様のご理解とご協力のほどお願い致します。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として電話再診による処方箋の発行を開始しました。
実施内容は、以下の通りです。

 

(1)受付対象者

 ➀体調に変化がない、いつもの薬が欲しい方

 ➁予約日の前後1週間以内で担当医が対応出来る方

  (処方内容等により対応できない場合があります)

 

(2)受付時間

 平日8:30~16:00に電話をお願いします

 

(3)薬の受け取り方

 ➀病院は処方箋と次回予約票を、調剤を希望された薬局にFAXします

 ➁調剤を希望された薬局にFAX到着の確認をされた後、4日以内に受け取り下さい

 

(4)会計

 電話再診料については次回来院時にお支払頂きます

 

新小山市民病院 病院長

TEL:0285-36-0200

受付

受診する診療科がご不明な場合、総合案内でご相談ください。

初診の方

・新小山市民病院に初めて受診
・数か月ぶりに来院する方

受付場所

・「総合受付」で診察申込後、「外来受付」へ
※紹介状をお持ちの方は「患者支援センター」で診察申込を行いますので、「患者支援センター」へお越しください。
診察申込用紙はこちら

持ち物

  • 診察券(お持ちの方)
  • 保険証
  • 医療受給証など(お持ちの方)
  • 紹介状(他の医院、病院からの方)
紹介状をお持ちください

当院では初診の際に、他の医療機関からの紹介状をお持ちでない場合、保険診療とは別に「初診時選定療養費」として5,500円(税込)を別途ご負担いただいております。

選定療養費とは・・・

 現在、「医療機関の機能分担」が推進されており、日頃の診療は地域の身近な「診療所・クリニック」といった“かかりつけ医”にお願いをして、より専門的な検査や治療・手術が必要な場合は“かかりつけ医”に診療情報提供書(紹介状)を書いてもらい「病院」にかかるという制度があります。多くの病院では、患者さんが大きな病院に集中しないよう、また、より重症の患者さんの診療ができるよう、この制度を取り入れています。
  新小山市民病院は地域医療の中核を担う「地域医療支援病院」という種類の病院として、地域の“かかりつけ医”と連携し、“かかりつけ医”では対応が困難な急性期や高度の治療・検査、手術が必要な患者さんを受け入れております。その後、状態が落ち着き次第“かかりつけ医”で治療を継続していただくことにより病院と診療所の役割分担を進めております。ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

但し、下記のような場合には「選定療養費」のご負担はございません。

  • 他の医療機関等からの紹介状を持参された方
  • 救急搬入などの救急患者 
  • 当院の他の診療科で継続通院が必要な方
  • 国の公費負担医療制度の受給対象者
  • 治験、労災、公務災害、交通事故、予防接種の場合
  • 特定の障がい、特定の疾病などにより各種公費負担制度の受給対象の方
  • その他、医療機関が直接受診する必要性を認めた場合

再診の方

再来院の方
※保険証、住所、電話番号などに変更がある場合には、「総合受付」へお申し出ください。

受付場所

・当日予約あり→「再来受付機」で受付後、「外来受付」へ
・当日予約なし→「総合受付」で受付後、「外来受付」へ

持ち物

  • 診察券
  • 予約票(予約された方)
    ※月に1度は保険証をご提示ください。
  • 紹介状(他の医院、病院からの方)
紹介状をお持ちください

治療により状態が落ち着いた後、当院担当医が他の医療機関へのご紹介を申し出た後も当院での診療を 希望し受診された場合は再診時選定療養費として2,750円(税込)を別途ご負担いただいております。

但し、下記のような場合には「選定療養費」のご負担はございません。

  • 他の医療機関等からの紹介状を持参された方
  • 救急搬入などの救急患者 
  • 当院の他の診療科で継続通院が必要な方
  • 国の公費負担医療制度の受給対象者
  • 治験、労災、公務災害、交通事故、予防接種の場合
  • 特定の障がい、特定の疾病などにより各種公費負担制度の受給対象の方
  • その他、医療機関が直接受診する必要性を認めた場合
休診日

土・日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
その他都合で休診することがございます。
※救急患者を除きます。

受付時間

外来担当医表をご覧ください。

診察

「外来受付」にて受付後、各科診察室へ

会計

診察終了後、伝票をお受け取りになり、計算窓口へ
自動会計機又は支払窓口でお支払ください。

お薬

院外処方箋をお受け取りの方は調剤薬局にお出しください。

予約の変更

予約変更専用ダイヤル:0285-36-0270 (平日14:00~16:00)
>> こちらの予約変更フォームよりお申し込みください。
※現在予約されている診察日の2日前まで(休診日を除く)にお申し込みください。

救急外来・夜間受付

オンリーワンホスピタルを目指して

本院は、小山地区(小山市・下野市・上三川町・野木町)の救急医療において、二次救急医療機関として、地域医療機関からの診療要請を含め、内科系および外科系当直医師が24時間の救急診療に取り組んでいます。また、平日の日勤時間帯の救急は、救急科医師が初期診療を行い、必要に応じて、各科医師が専門的診療をしています。二次救急医療機関としてより的確な救急医療を提供できるよう、積極的に取り組んでいます。

夜間休日における救急医療体制

二次救急医療機関として、入院・手術を必要とし、重症であると診断された患者様を原則として受け入れています。当院は主に比較的重症患者さんをお世話する二次救急医療機関であり、救急搬送または緊急二次紹介患者さんの救命治療を優先しています。一次(初期)救急の患者様の診療をお断りすることがございますので、ご協力をお願いいたします。
※なお、当院の二次救急医療体制では対応困難な重症度のより高い患者さんの場合、医師や救急隊の判断により、三次救急医療機関である救命救急センター(自治医科大学付属病院など)へ直接搬送されるシステムとなっています。
比較的軽症の一次救急患者さんについては、できるだけお受けしていますが、二次救急患者の緊急救命処置などが優先される状況では、時に診療困難であったり、長時間、待合室でお待たせしてしまうことがあることをご理解いただければ幸いです。
一般診療時間外の一次救急受診については、できるだけ「かかりつけ医」または「夜間休日急患診療所」「一次救急輪番病院」を受診してください。

救急外来受診の流れ

お電話にてお問い合わせください

0285-36-0200(代)休日・時間外は夜間受付に直接つながります。
または 休日夜間受付 0285-36-0290
平日 17:00 ~ 翌 8:30
休日 24時間
※受診される前に夜間休日受付にご連絡ください。

当院への受診歴のある方は、あらかじめ当院の診察券番号をお知らせください。
診察券のない方はお名前、年齢、生年月日をお願いします。

ケガの方は

  • いつどのようにしてケガをしたのか
  • ケガの場所
  • ケガの程度(キズの大きさ、深さ、痛みの程度、出血の有無)
病気の方は

  • 現在の症状(体温、苦痛の程度や場所、下痢やおう吐の有無など)
  • かかりつけ医の有無
  • 既往歴(慢性的な持病や過去に罹った大病、入院歴、手術歴など)

来院される際には、診察券(お持ちの方)、健康保険証、医療受給証(お持ちの方)、紹介状(他の医院、病院からの方)を必ずご持参下さい。

○来院されましたら、
夜間休日出入口を入って左側の夜間休日受付で受付をして下さい。

二次救急医療機関
としての役割

小山地区の救急医療体制は、下記のとおり一次・二次・三次救急に分かれています。

小山地区 一次救急輪番病院 夜間休日急患診療所

夜間休日急患診療所

診療時間にご注意ください。 ※詳しくは小山地区医師会のHP

下記の病院が、交代で一次救急を担当しています。

小山整形外科内科

小山市雨ケ谷753 TEL 0285-31-1331

光南病院

小山市乙女795-4 TEL 0285-45-7711

杉村病院

小山市城山町2-7-18 TEL 0285-25-5533

小金井中央病院

下野市小金井2-4-3 TEL 0285-44-7000

石橋総合病院

下野市石橋628 TEL 0285-53-1134

野木病院

野木町友沼5320-2 TEL 0280-57-1011

・ご利用の場合は、事前に各医療機関へお電話にてお問合わせください。
・各医療機関の輪番担当日は、小山市のホームページでご確認ください。
くらしの情報 > 健康・医療・福祉 >救急医療(くらしの情報_健康・医療・福祉)